Cyber‧space

關於部落格
あなたとすごした日々を このぬねにやきちけよう
  • 14033

    累積人氣

  • 0

    今日人氣

    0

    訂閱人氣

奧華子 - 《楔》

 


 終電後の誰もいない道に 二人の悲しげな一つの影
停電後的無人街道,兩人擁抱的哀傷身影
 もう二度ともう二度と会わないと 心に誓い合った夏の夜 
再也不會再也不會 和你見面了,在心中如此發誓的夏夜

 ただ傍にいるだけで笑い合えた そんな日が続いてくと信じていた
只是待在你身邊就不由自主微笑,一直相信著這種日子會繼續下去
 あなたを嫌いになるくらいなら このまま二人で夜になりたい 
如果只是要變的討厭你的話,不如就這樣兩人一起進入夜晚

 最後の口づけ 触れるだけで痛いよ
最後的吻,光是接觸就感到心痛
 愛しい気持ちが溢れて 貴方を壊す前に 
在滿溢著愛意的你消失之前

 抱きしめて 貴方の腕で あと1秒だけでもこうしていたい
請用你的手擁抱我,即使只剩一秒我也想要這麼做
 もう喧嘩する事も もうやきもち焼く事も
再也不能跟你吵架,再也不能對你吃醋
 もう顔を見る事さえ出来なくなるの
 就連看著你的臉這種小事都再也做不到了

 不思議だね どうして人はすぐに 守れない約束をするのだろう
不可思議的,為什麼人總是可以簡單的做出無法守護的約定呢?
 人の心を繋ぎ止めるものなど どこにもないと知っているのに
 
明明就知道,能夠把人心牽絆住的東西不管在哪裡都找不到的。

 最後の言葉が 優しすぎて痛いよ
你最後說的話,溫柔的使我心痛
 二人はお互いのこと分かりすぎてしまった
 
兩人都已經太過於瞭解對方了

 抱き寄せて 私の胸に 子供のような貴方の髪を撫でたい
抱住你,抱在我的胸前,想要像撫摸小孩似的撫摸你的髮絲
 もう横で笑う事も もう横で眠る事も
再也不能在你身邊歡笑,再也不能在你身邊沉睡
 もう名前を呼ぶ事さえ出来なくなるの 
就連呼喚你的名字這種小事都再也做不到了

 心を繋ぎ止められるものは約束じゃない
能夠牽絆人心的不是約定
 約束は自分への気休めなのだろうか・・・
 
約定只是為了讓自己好過一點罷了...

 抱きしめて 貴方の腕で あと1秒だけでもこうしていたい
請用你的手擁抱我,即使只剩一秒我也想要這麼做
 もう喧嘩する事も もうやきもち焼く事も
再也不能跟你吵架,再也不能對你吃醋
 もう顔を見る事さえ出来ないのなら
就連看著你的臉這種小事都再也做不到的話
 もう会いたくなっても もう息が出来なくても
就算再也見不到你,就算再也無法呼吸
 貴方を呼ばないと約束するから
我也決定好了再也不會呼喚你
 貴方を呼ばないと約束するから
我也決定好了再也不會呼喚你





下面是日文與羅馬拼音的歌詞

終電後(しゅうでんご)の誰(だれ)もいない道(みち)に
shudengo no dare mo i na i michi ni
二人(ふたり)の悲(かな)しげな一(ひと)つの影(かげ)
futari no kana shi ge na hito tsu no kage
もう二度(にど)ともう二度(にど)と 会(あ)わないと
mo u nido to mo u nido to
 a wa na i to
心(こころ)に誓(ちか)い合(あ)った夏(なつ)の夜(よる)
kokoro ni chika i a tta natsu no yoru


ただ傍(そば)にいるだけで笑(わら)い合(あ)えた
ta da soba ni i ru da ke de wara i a e ta
そんな日(ひ)が続(つづ)いてくと信(しん)じていた
so n na hi ga tsuzu i te ku to shin ji te i ta
あなたを嫌(きら)いになるくらいなら
a na ta o kira i ni na ru ku ra i na ra
このまま二人(ふたり)で夜(よる)になりたい
ko no ma ma futari de yoru ni na ri ta i


最後(さいご)の口(くち)づけ
saigo no kuchi zu ke
触(ふ)れるだけで痛(いた)いよ
fu re ru da ke de ita i yo
愛(いと)しい気持(きも)ちが溢(あふ)れて
ito shi i kimo chi ga afu re te
貴方(あなた)を壊(こわ)す前(まえ)に
anata o kowa su mae ni


抱(だ)きしめて 貴方(あなた)の腕(うで)で
da ki shi me te
 anata no ude de
あと1秒(びょう)だけでもこうしていたい
a to ichi  byou da ke de mo ko u shi te i ta i
もう喧譁(けんか)する事(こと)も
mo u kenka su ru koto mo
もうやきもち焼(や)く事(こと)も
mo u ya ki mo chi ya ku koto mo
もう顔(かお)を見(み)る事(こと)さえ出来(でき)なくなるの
mo u kao o mi ru koto sa e deki na ku na ru no


不思議(ふしぎ)だね どうして人(ひと)はすぐに
fushigi da ne
 do u shi te hito wa su gu ni
守(まも)れない約束(やくそく)をするのだろう
mamo re na i yakusoku o su ru no da ro u
人(ひと)の心(こころ)を繋(つな)ぎ止(と)めるものなど
hito no kokoro o tsuna gi to me ru mo no na do
どこにもないと知(し)っているのに
do ko ni mo na i to shi tte i ru no ni


最後(さいご)の言葉(ことば)が
saigo no kotoba ga
優(やさ)しすぎて痛(いた)いよ
yasa shi su gi te ita i yo
二人(ふたり)はお互(たが)いのこと分(わ)かりすぎてしまった
futari wa o taga i no ko to wa ka ri su gi te shi ma tta


抱(だ)き寄(よ)せて 私(わたし)の胸(むね)に
da ki yo se te
 watashi no mune ni
子供(こども)のような貴方(あなた)の髪(かみ)を撫(な)でたい
kodomo no yo u na anata no kami o na de ta i
もう横(よこ)で笑(わら)う事(こと)も
mo u yoko de wara u koto mo
もう横(よこ)で眠(ねむ)る事(こと)も
mo u yoko de nemu ru koto mo
もう名前(なまえ)を呼(よ)ぶ事(こと)さえ出来(でき)なくなるの
mo u namae o yo bu koto sa e deki na ku na ru no


心(こころ)を繋(つな)ぎ止(と)められるものは約束(やくそく)じゃない
kokoro o tsuna gi to me ra re ru mo no wa yakusoku ja na i
約束(やくそく)は自分(じぶん)への気休(きやす)めなのだろうか
yakusoku wa jibun e no kiyasu me na no da ro u ka…

 

 

 

 

 

 

 

抱(だ)きしめて 貴方(あなた)の腕(うで)で
da ki shi me te
 anata no ude de
あと1秒(びょう)だけでもこうしていたい
a to ichi byou da ke de mo ko u shi te i ta i
もう喧譁(けんか)する事(こと)も もうやきもち焼(や)く事(こと)も
mo u kenka su ru koto mo
 mo u ya ki mo chi ya ku koto mo
もう顔(かお)を見(み)る事(こと)さえ出来(でき)ないのなら
mo u kao o mi ru koto sa e deki na i no na ra

 

 

 

 

 

 

 

もう会(あ)いたくなっても もう息(いき)が出来(でき)なくても
mo u a i ta ku na tte mo
 mo u iki ga de ki na ku te mo
貴方(あなた)を呼(よ)ばないと約束(やくそく)するから
anata o yo ba na i to yakusoku su ru ka ra
貴方(あなた)を呼(よ)ばないと約束(やくそく)するから
anata o yo ba na i to yakusoku su ru ka ra


 

 

 

 

 

相簿設定
標籤設定
相簿狀態